読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目の下のしわ・たるみ・クマって取れるの?トラブル解消まとめ

メイクでは隠せないほどの目の下のしわ・たるみ・クマは本当に厄介です!隠すよりも根本的に目の下のトラブルを解消しちゃいましょう!当ブログではトラブルの原因を調べてそれぞれの症状に合った解消方法を研究し、みなさまとシェアしていきたいと思います。目指せすっぴん美人♪

目の下のしわに効くアイクリームには塗り方があった!

知ってましたか?

目の下のしわを改善すると、見た目の年齢がマイナス5歳になるんですって!

 

目元は女性の年齢を測る基準になりますよね。

首も年齢が出ると言われますが、首って隠せるじゃないですか。

目元はメイクしても笑った時などにしわが出るので、すごく年齢を感じちゃうんですよね。

 

日本の女優さんは頑張ってケアしてるな~と思いますが、ハリウッド女優とか欧米人は早いと20代から目の下にまでしわがでますからね…。

欧米人もアイクリームなどでケアしていると思いますが、やっぱり大きな差は乾燥しがちな気候だと思います。

 

日本は比較的湿度が高い気候なので、欧米人に比べるとお肌の老化が遅いと言います。

白人は紫外線の影響も受けやすいので、しみやしわになりやすい人種なんでしょうね。

 

ところで、いくら湿度があると言っても、年と共に肌は老化していきます。

どこかでケアを始めないと、目の下にくっきりとしたしわが刻まれてしまう日がやって来ちゃうかも…!

 

やっぱり一番簡単なケアはアイクリームだと思います。

普段の基礎化粧のルーティンに一品加えるだけです(^^)

アイクリームには、それこそものすごい量の種類があるわけですが…。

 

今回はアイクリームの種類ではなく、その塗り方に注目したいと思います。

 

f:id:oyakudachinomori:20160516154555j:plain

 

アイクリームには塗り方がある

実はアイクリームには、効果的な塗り方があるということをご存知でしたか?

私は今まで、「目の周りに塗ればいいんだ!」と思って、適当な量を人差し指に取り、まぶたと目の下辺りにグリグリと塗っていました。

 

気になるしわがある所は、ちょっと念入りに擦り込んでみたり。

実はこのやり方が大間違いだったんです!

効果的な塗り方をご紹介しますね。

 

・クリームを目の周りにのせる

・目尻から目の下を通って目頭へ伸ばす

・そのままぐるりと目頭を通って、上まぶたからこめかみ方向へ伸ばす


このルートで塗ると、リンパの流れに逆らわないので、ハリを保つことができるんですって♪

 

そして、重要なポイントですが、使う指は中指か薬指がいいんです!

この2本の指は「化粧指」とも言われていて、余計な力が入らないので、デリケートな目の周りをケアするにぴったりなんですって。

人差し指では相当な力が目元に加わっていたと思われます^^

 

テレビなどのメイクシーンで、女優さんが目の下を薬指でトントンしているのは、正しい行動だったんですね~。

早速、私も今日から真似してみます(^^)

 

そしてしわの深い部分には、指先にクリームを取ってポンポンと軽くタッピングするのが効果的なんだとか。

…私のように擦り込むのはNGなんだそうですよ☆