目の下のしわ・たるみ・クマって取れるの?トラブル解消まとめ

メイクでは隠せないほどの目の下のしわ・たるみ・クマは本当に厄介です!隠すよりも根本的に目の下のトラブルを解消しちゃいましょう!当ブログではトラブルの原因を調べてそれぞれの症状に合った解消方法を研究し、みなさまとシェアしていきたいと思います。目指せすっぴん美人♪

目の下のしわには種類がある!?種類別の原因と解決方法

目の下にできるしわ、実は様々な種類があるんです。

大きく分けて以下の3種類となります。

・ちりめんじわ
・表情じわ
・真皮じわ

それぞれの特徴とできてしまう原因&解決方法を見ていきましょう。

 

ちりめんじわ

目の下や目尻、まぶたなどにできる細かいしわのことです。

「縮緬」という布地をご存知ですか?

わざと細かなしわを加工した布地なのですが、その形状に似ています

 

「目元の小じわ」とも言われていますが、これは主に加齢と乾燥によってできてしまうしわです。

紫外線に注意して、たっぷり保湿することで改善することが可能!

目元につっぱり感がある時は、乾燥が始まっているサインです。

 

年齢に関係なく、しっかり保湿しましょう!

化粧水などで保湿した後は、必ず乳液でフタをします。

この乳液を省略してしまうと、どんどん水分が失われてしまいますのでご注意を☆

 

f:id:oyakudachinomori:20160516191339j:plain

表情じわ

普段の表情のクセから、特定の部分にしわが刻まれることがあると思います。

若いうちは笑ったり、しかめっ面をしても、しわが刻まれることはありませんね。

これも加齢による影響が大きいのです。

プラスお肌の乾燥です。

 

無表情な状態でもしわが出ていたら、表情じわが刻まれている証拠です。

表情じわは、消えなくなった時から加齢じわになっているんですね。

年を取ればしわの一つや二つ、できてしまうのが自然の摂理。

 

ですが、少しでも目立たなくするために、十分に保湿し、コラーゲンやヒルアロン酸を摂取するように心がけましょう!

 

またしかめっ面でついてしまったしわは美しくありません。

自分の表情のクセを知り、どうせ作るなら美しい笑いじわを作りませんか?

 

真皮じわ

皮膚の真皮層まで刻まれてしまったしわのことです。

これは加齢によるしわなので、年齢によっては仕方のない場合もあります。

 

目の下だけではなく、顔全体の皮膚がたるんできてしまって、しわが刻まれてしまう…重力には逆らえないということですね^^;

 

でも、日ごろから紫外線に気を付けて、しっかり保湿し、表情筋を鍛えていれば、少しでも老化を遅らせることは可能です!

年齢が若ければ、改善させることだって不可能ではないのです!

 

ですが、既に表皮層を通り越して真皮層までしわが到達しているとなると、完全にしわを消すことは困難です。

アイクリームや目元美容液を使っても、元通りにはならないかもしれません。

 

あまりにも気になるようでしたら、美容皮膚科へ相談するというのも一つの方法です。

笑いじわでしたら、「自分の歴史」と思って、チャームポイントにしてしまうのもいいですよね。


目の下だけではなく、スキンケアは日々の積み重ねです。

日頃から自分のお肌の変化に気を配っていたいものですね。