目の下のしわ・たるみ・クマって取れるの?トラブル解消まとめ

メイクでは隠せないほどの目の下のしわ・たるみ・クマは本当に厄介です!隠すよりも根本的に目の下のトラブルを解消しちゃいましょう!当ブログではトラブルの原因を調べてそれぞれの症状に合った解消方法を研究し、みなさまとシェアしていきたいと思います。目指せすっぴん美人♪

ためしてガッテンで紹介!目の下のたるみを取る効果的なマッサージ

様々なお悩みを解決してくれる人気テレビ番組「ためしてガッテン」

過去に目の下のたるみを取るリンパマッサージが紹介さたれことがあります。

 

見逃してしまった方のために、そのやり方を解説していきたいと思います。

まずは目の下がたるんでしまう原因から見ていきましょう!

 

目の下にたるみができる原因とは?

「ためしてガッテン」によると、目の下にたるみができる原因は大きく分けて2つあるそうです。

1つはコラーゲンなどの減少による肌の弾力の衰え

もう1つは顔の筋肉の緊張

 

減少してしまったコラーゲンは様々な手段で摂取することができますが、筋肉の緊張にはマッサージが効果的なんだそうです。

実に顔には30種類以上の筋肉があって、そのどれか特定の筋肉が長時間緊張してしまうと、しわやたるみの原因となってしまうんだとか。

 

f:id:oyakudachinomori:20160517092447j:plain

ためしてガッテンのリンパマッサージとは?

顔のマッサージと言っても、無理に力を加えたり、引っ張ったりするのは逆効果!

顔のお肌はとてもデリケート!

適当にやってしまうと、逆にたるみを引き起こしてしまうかもしれません。

 

ここで正しいマッサージ方法をマスターしましょう!

ためしてガッテンの効果的なマッサージは以下の3つをセットで行います。

 

【顔周辺のリンパマッサージ】

右手で左半身を、左手で右半身をマッサージします。

鎖骨のくぼんだ所に手のひらを密着させて、ゆっくり3回まわし、次に首の側面に手を密着させて、リンパ液を下に流すように意識しながら3回まわします。

次に右手の人差し指と中指で耳を挟んで、耳の前後にあるリンパ節を刺激するイメージでゆっくり3回まわし、耳から鎖骨のくぼみまで、撫でるように手を下していきます。

 


【肩周辺のリンパマッサージ】

右手を左肩に持っていき、肩に沿って鎖骨のくぼみまで来たら、左手を右肩へ持っていき、同じく肩に沿って鎖骨のくぼみまで持ってきます。

これを3回ずつ行います。

 


【後頭部周辺のリンパマッサージ】

両手を肩甲骨の上に持っていき、肩の上を通り鎖骨のくぼみまで持ってきたら、次に両手を後頭部の髪の生え際に持っていきます。

そして首の側面を通って鎖骨のくぼみまで持ってきます。

これを3回ずつ行います。

 


力を入れる必要はありません。

軽く押える程度の力で十分なんだそうです。

 

目の下のたるみに肩や後頭部が関係するの?と思われる方も多いと思いますが、顔の皮膚は頭や首と繋がっています。

リンパの流れを良くすることで、目の下だけじゃなく体全体の若々しさを考えたマッサージなんですね(^^)

 

このリンパマッサージは甲状腺や血圧に異常のある方、または顔のリンパ浮腫がある方はNGです!