目の下のしわ・たるみ・クマって取れるの?トラブル解消まとめ

メイクでは隠せないほどの目の下のしわ・たるみ・クマは本当に厄介です!隠すよりも根本的に目の下のトラブルを解消しちゃいましょう!当ブログではトラブルの原因を調べてそれぞれの症状に合った解消方法を研究し、みなさまとシェアしていきたいと思います。目指せすっぴん美人♪

目の下のたるみを取る簡単エクササイズをご紹介します♪

目の下にできたたるみは、筋肉の緊張からできることがあります。

顔の筋肉をほぐすのはもちろんですが、頭皮の緊張も取ってあげましょう。

意外と気が付かない人が多いのですが、頭皮がパツパツに凝り固まっている人、多いですよ!

 

まずは頭皮のマッサージから。

次に肩周辺や後頭部のリンパマッサージも行いましょう。

 

やり方はコチラの記事で紹介しています→ためしてガッテンで紹介!目の下のたるみを取る効果的なマッサージ

 

顔周辺の筋肉がほぐれてきたら、次は顔のエクササイズです。

眼輪筋(がんりんきん)から鍛えましょう!

眼輪筋とは、目の周囲にある筋肉で、表情筋の一つです。

 

眼輪筋エクササイズ

 

【ウインクする】

頬骨の上を人差し指で軽く押さえながらウインクします。

左右交互にやってみると、どちらが弱いか分かりますね?

弱い方がたるみやすい傾向にあるので、回数をちょっと多めにやりましょう。


【眉毛を上げる】

姿勢を正して正面を向き、できる限り目を細めます。

その状態のまま、眉毛を上げてみてください。

呼吸を止めないように気を付けて、そのまま10秒キープ!


【白目をむく】

ピースサインの状態で、目頭に中指、目尻に人差し指をそっと当てます。

この状態で、白目をむいてみてください(できるだけ黒目を上に上げる)

目を細めた状態で、10秒キープ!

 

f:id:oyakudachinomori:20160517100538j:plain

目の下のたるみ解消エクササイズ

【まばたきをする】

顔は天井に向け、目線は床に向けて、まばたきをゆっくり10回します。

今度は顔は床に向け、目線は天井に向けて、まばたきをゆっくり10回します。


【目尻を上げ下げする】

中指で目尻を軽く押さえて、斜め上のこめかみ方向に軽く引っ張ります。

思いっきり目を閉じて、そのまま5秒キープ!

今度は斜め下の方向に軽く引っ張り、思いっきり目を閉じて5秒キープ!

最後に上まぶたの真ん中あたりの皮膚を軽く持ち上げて、そのまま下まぶたをも引き上げながら目を閉じ、そのまま5秒キープ!

 


いかがですか?

押したり引っ張ったりする時は、くれぐれも優しくそっとやってくださいね!

また、キープしている間も呼吸はしてください(^^)

呼吸が止まるとかえって緊張しちゃいますから☆

 

目の周りが疲れていると感じたら、ホットタオルなどで温めて血行をよくするのも効果的です。

目の周りの筋肉がうまく動かない方は、温めてからトライしてみてください。

リラックスできるお風呂の中でエクササイズするのもアリですよ。