目の下のしわ・たるみ・クマって取れるの?トラブル解消まとめ

メイクでは隠せないほどの目の下のしわ・たるみ・クマは本当に厄介です!隠すよりも根本的に目の下のトラブルを解消しちゃいましょう!当ブログではトラブルの原因を調べてそれぞれの症状に合った解消方法を研究し、みなさまとシェアしていきたいと思います。目指せすっぴん美人♪

目の下のたるみを取る脱脂術って失敗やリスクは無いの?

目の下のたるみを取るために行う方法で「脱脂術」はかなり有名です。

たるみの原因となる脂肪を取り出してしまうという方法ですね。

 

一口に脱脂術と言っても、やり方は様々あります。

下まぶたを切開して脂肪を出す方法や、切らずに脂肪を出す方法、専用マシン照射で脂肪を除去する方法。

目の下をたるませている脂肪を取ると、場合によって目の下が凹むことがあるそうです。

 

そうなった場合はリポトランスファーなどの脂肪注入をして、凹みを改善するのだとか。

話だけ聞くと、すごく簡単な施術に聞こえるかもしれませんが、この脱脂法って失敗やリスクは無いのでしようか?

 

気になったので調べてみました。

 

f:id:oyakudachinomori:20160523145825j:plain

脱脂法の失敗やリスクについて

基本的にどのやり方を選んでも、目の下の脂肪を除去することに変わりはありません。

そして、そういった施術を受ける以上、失敗が全く無いわけではありません。

 

美容外科の施術については、医師の力量で大きく差がでますし、患者さんの意図がどの程度伝わるかで施術後の満足感も違ってきます。

 

また、左右両方とも施術するので、なんとなくバランスが合っていない…と感じる方もいるようです。

ですが、元々人間の顔は左右がキレイに対象にできている訳でもないので、感覚的なものもあるかもしれませんね。

 

一番恐いのは脱脂の失敗です。

脂肪を取り過ぎてしまうと、目の下が窪んでしまいゴルゴ線ができてしまったりと、本末転倒なことに☆

 

取り過ぎたらのなら、脂肪を入れればいいのでは?と思われるかもしれませんが、脂肪の注入でも失敗はあり得ます。

取ったり入れたりすることをあまり安易に考えてはいけません。

 

また切開による脱脂法は、術後かなり痛みが出るとこともあるというリスクを承知の上で行ってください。

ちょこっと切るだけだから…と簡単に考えていると、大変な目に遭うこともありますよ。

 

f:id:oyakudachinomori:20160523145832j:plain

病院はきちんと調べて、納得してから施術を受けましょう

目の下のたるみに本当に悩んでいれば、お金が掛っても、多少痛みがあっても取りたい!と思う方もいるでしょう。

今は病院の口コミがネットで紹介されていたりするので、そういった情報を集めて、まずはしっかりリサーチしましょう。

 

気に入った病院が見つかったら、カウンセリングを受けます。

この時も、どの部分をどの程度改善したいのか?それに伴うリスクは?費用は?ダウンタイムは?

細かく全部確認しましょう。

少しでも不安に感じる点があれば、何回でも聞きましょう。

 

手間と時間が掛っても、納得がいく病院を見つけるまでは、安易に施術を受けるのは危険です。

うまく意図が伝わっていなかった場合、万一失敗した場合でも、元の状態に戻してもらえるわけではないのです。

 

整形に失敗して、うつ病になってしまう方もいらっしゃいます。

折角、見た目をキレイにするためにたるみを取るのですから、満足のいく結果が得られるよう、病院探しだけは手を抜かないでくださいね。

 

カウンセリングを受けても、納得できなければ断って大丈夫です!