目の下のしわ・たるみ・クマって取れるの?トラブル解消まとめ

メイクでは隠せないほどの目の下のしわ・たるみ・クマは本当に厄介です!隠すよりも根本的に目の下のトラブルを解消しちゃいましょう!当ブログではトラブルの原因を調べてそれぞれの症状に合った解消方法を研究し、みなさまとシェアしていきたいと思います。目指せすっぴん美人♪

目の下のたるみやしわに水溶きオロナインが効く!?

目の下のたるみ…気になりますよね?
老化現象もあるかもしれませんが、やはり目の下は乾燥によるダメージが大きい気がします。

 

皮膚が薄い分、すぐに乾いてしまうんですよね☆
冬はもちろん夏もエアコンにさらされ、一年中保湿に気を付けなくてはいけません。

 

目の下の保湿になかなかいいコスメに出会えない…という方は、以前ご紹介しましたがニベアやユースキン、ワセリンといった昔ながらのクリームを使う人も多いようです。

 

そしてもう一つ、昔ながらのものと言えば「オロナインH軟膏」ですね!
これはスキンケアクリームというよりは、ちょっと薬に近いイメージなのですが…。

 

      f:id:oyakudachinomori:20160625103522p:plain

 

皮膚疾患の専門薬という印象が強いので、塗って悪いことはなさそうですよね!?
そもそもオロナインには「ひび、しもやけ、あかぎれ」を治す効果があるんです。

 

「ひび」なんてまさしく乾燥によってできるもの。
オロナインの保湿力に期待が持てますね♪

 

ただ、問題なのはテクスチャが硬く目の下に伸ばすにはちょっと…。
ところが!今回は画期的な方法があったんです!

 

美容研究家の佐伯チズさんも使っているオロナイン

オロナインの硬さを和らげるために「水で溶く」という方法があるんだそうです。
文字通りオロナインに水を加えて混ぜるわけです。

 

民間療法として紹介されていたら「え~!?大丈夫なの?」と思ってしまうところですが、実はこの方法は美容研究科の佐伯チズさんが使っているんです。

そう聞くと不思議と信憑性が増すから不思議です^^;

 

     f:id:oyakudachinomori:20160625103534j:plain

 

水溶きオロナンイはお肌の乾燥や肌荒れに効果があるんだそうですよ。
普段使っている化粧水なのに、ピリピリして痛い!と感じることってありますよね?

それはお肌が乾燥しているから沁みるんです。


お肌のバリア機能が弱っている時に、この水溶きオロナインが効果的なんだそうですよ♪

とは言っても、アトピー性皮膚炎などの場合は皮膚科に行ってくださいね!
自己判断で水溶きオロナインを塗るのはあまりオススメできないですよ。

 

水溶きオロナインの作り方と使い方は?

水溶きオロナインの作り方は、まず適量のオロナインを手のひらに取ります。
そこに水を2~3滴加えて混ぜていきます。

 

乳液状になるのがベストです。

あまりゆるく作ってしまうと塗りづらくなってしまうので、水はちょっとずつ足して調節してみてくださいね。

 

使い方も普通に乳液代わりに使います。
化粧水などでお肌を整えた後、最後に水溶きオロナインを塗ります。

 

    f:id:oyakudachinomori:20160625103544j:plain

 

化粧水が肌に沁みるような時は省略して、水溶きオロナインだけを塗ってもOKです。
オロナインをそのまま顔に塗ると少々ベタつきますが、水で溶くと比較的サラっとしています。

 

注意点ですが、水溶きオロナインは使う時にその都度作ってくださいね!
面倒だからと作り置きするのは避けてください☆

 

これは週に一回程度塗るのがいいのであって、毎日使うものではないそうです。

 

また唯一の問題は水で薄めてもオロナインの匂いは消えません^^;
顔に塗るとどうしても匂いがするので、オロナインの匂いが苦手な方にはツライかもしれませんね。

 

元々、顔に塗ることはあまり想定されていないクリームなので、匂いがツライ方のはオススメしません。

 

また佐伯チズさんが使っている方法だから、誰でも結果が出るというわけでもありません。
あくまで自己責任でチャレンジしてみてくださいね!